読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生の鍋

女子大生数人による、思想の闇鍋・オープンスペースです。

顔センター試験説

この記事では、人間の容姿の良し悪しがいかに人間関係に影響を及ぼすのかについて考えます。

まず、前提としてここでの「人間関係」を定義したい。この記事では以下、容姿と恋愛との連関について考察します。

 

1:なぜ恋愛に限定して考察をするのか

    それは人間関係の中で最も特殊かつ普遍的なものだから。そして捉え難く、言語化しにくい。      

     また、各人の性自認や恋愛対象に関わらず、相手の容姿は考慮される事項のひとつではないでしょうか?

    そして一番大切なのは、好きなタイプなどについて誰かが質問された際によく聞く「容姿はあまり気にしませんね」という言葉はどう考えてもダウトだから、そうだろ?

 

2:「顔センター試験説」とはいかなることか

    巷で「可愛い」「かっこいい」などと人気の芸能人について「え。。。私はそんなに魅力を感じないけどなあ」と思うことはありませんか?

    その人の容姿が世間的に優れていることは認められるが、全く自分の心には響か ない、というやつです。お分かり頂けたでしょうか。「顔センター試験説」では決して「イケメンor美人が正義である」ということではありません。ただ顔が良ければいいというわけではないのです。

     顔立ちの具体的な良し悪しではなくて、まず第一段階として「顔が(自分的に)生理的に大丈夫か否か」という第一段階があるのでは?

 そしてその後第二の段階として「もしも気が合いそうならば(相手から恋愛対象と思われてもいいくらい)仲良くなりたいと感じられる顔かどうか」というチェックが入るのではないでしょうか。

   この二つの段階によるチェックを「顔センター試験」とこの記事ではよんでいます。顔センター試験は、ほぼ無意識レベルで行われいるのではないでしょうか。

   逆に、友達になるだけの場合であっても顔を詳細にチェックしてしまう…私の隣に立っていいのは(自分的に)美しい者だけだ…みたいな人のことは「顔センター界の東京大学」と呼べるでしょう。

    そして、この項目の初めで述べた通り、この「顔センター」では単に美男美女ならなんでもいいということではありません。一重のイケメンが好きな人もいれば、二重を熱烈に支持する人もいます。(さらに二重界では、二重の幅などについても各人が独自の好みを持っているように思われます)

     まさに本物のセンター試験が各校ごとに何の教科の点数をチェックするか、どの教科に傾斜配点を用いるかを決められているのと同様に、顔センター試験においても、各人がそれぞれ独自の顔の好みを持っており、それに応じて試験結果が出るわけです。

 だから、AさんにとってBさんは試験をクリアしていなくても、CさんにとってBさんは逸材と思える…なんてこともあるでしょう。(「ブス専」とかいう言葉が存在しているのも顔センター試験のこの機能によるものでしょう)

 

3:容姿は顔だけではない

    では、顔センター試験で見られているのは本当に顔だけなのでしょうか。
    容姿という言葉はどこからどこまでを指すのでしょうか?
    巷によく聞く言葉に「雰囲気イケメン」がありますが、これは具体的にどんな様子の男性を指すのでしょうか。同様に、女性であっても「雰囲気はなんとなく可愛い人」というカテゴライズは世の中にあるのではないでしょうか。誰も大きな声で言わないだけで。
    てことで次は、「容姿」という言葉にはどんな要素が含まれるのかについて考えます。
    私は以下の項目がこの文章における「容姿」で考慮されるべき要素と考えました。
 
  • 顔 いわずもがな
  •  スタイル うん。
  • ファッション まあこれもぱっと見ですぐわかるところだね
  • 髪型 まあ言ってしまえば顔の付属品だからね
  • 雰囲気 これが難しい!私はこれをさらに、話し方、歩き方や姿勢、表情(顔とはまた違う)なのではないかと考えました。
 

  ①は顔だから先述の通り。

      ➁スタイル
        痩せ型がタイプ、という方もいればがっちりした人の方が好き、という方もいらっしゃるでしょう。胸の大きさとか肩幅とかなんとか…そういうのもスタイルですよね。
        ぱっと見で、初対面でもわかるところなので、これも恋愛感情を相手に抱く際に、気になるポイントではないでしょうか。意識しているか無意識かは微妙ですが。
 
     ③ファッション
         これは意外と気になる方多いのでは。
      「こんなかっこいい顔なのに服だっさ!」「せっかく可愛いのになんであんな…」みたいな。先述の項目①、➁において、自分の中の基準を満たしている人が現れても、その人が自分の中で”ナシ”なファッションをしていたら萎えてしまう…と思われます。(個人差はある)
 
       ④髪型
           これはまあ…凝りすぎても人によっては「なんだあれ?!」ってなると思われますし、かといって無頓着なのも嫌な方は多いでしょう。これはいわゆる「清潔感」なんかに関わっているのではないでしょうか?というか、先ほどまでと同じで、実は髪型が気に入らない人に関しては、 その人の顔立ちがどうか、とかそういった情報まで目がいかないかもしれませんね。

 
      ⑤雰囲気
        くくりデカすぎた。雰囲気ってなんだよ。
        ところで私の友人には「歩き方綺麗な人じゃないと好きになれない!」
     と連呼している方がいます。この項目は、つまりはそういうことです。
    「姿勢悪いやつwww無理だわwww」みたいな嗜好の方もいらっしゃれば、         

 「あの人の笑った時の顔がとても素敵!」という場合もあるでしょう。
         あと、書いてて思ったのですが、声や眼の遣い方(目線のやり方?)とかの項目でも無意識 のうちに人を…仕分けてるのかもしれません…。すいません全然柔らかい言い方が見つからなかった…。

    そして、雰囲気というのはその言葉通り、「あの人は明るく、柔らかい雰囲気がするな」であるとか「あの人は近寄るな!オーラでてるな」とかそういったものも含まれると考えます。

以上5項目内の優先順位については、人によっては大きく差が出ることと思われます。

 「とにかくファッションに気を使わない人はどんな顔でも無理」という方もいれば、

  「何でもいいからまず顔立ちを見せろ」という方もいらっしゃると思うので。

  要するに、自分の中の優先順位1位を突破すれば、2位の項目をチェックする、といった感じなのでは??

 

4:顔センターというか。

     はあ。全然まとまってない読みにくい文章になってしまった。。。

     あれですね、「顔センター試験」というのは呼びやすいからこう名前をつけたのですが、

     実際には「容姿センター試験」ですね。人はみんなそれぞれの採点基準、それぞれの審査項目で恋  愛対象を見定めていくのだと思います。でも、それは無意識レベルで行われている場合も多いと思われます。

    「私は容姿気にしないタイプなのでー」というのは、額面通り「容姿を気にしない」というのではなく、「世間で一般的に美人、イケメンと言われるような顔じゃなくても大丈夫です」が実際のところでしょう。

    だからもう皆さん、容姿を気にしないとかいう返答はやめましょうね!これが言いたかったってワケよ。本日はこれにて以上です。長い間ご静聴ありがとうございました。