読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生の鍋

女子大生数人による、思想の闇鍋・オープンスペースです。

ソリッドビジョンは実現可能なのか?①(C5)

突然ですが最近遊戯王の劇場版が公開されましたね。遊戯王暦(デュエリストではない)は浅いんですが、いろいろ期待しないで行ったら完成度高くてびっくりしました。思ったよりはまっていた自分にも。はじめはにわかのつもりがどんどん深みに…恐ろしい。原作読んだことがある人やアニメを見たことがある人は楽しめると思います!

何はともあれ、遊戯王を見たことがある人は、一度はソリッドビジョンが実現したらなあ、と誰もが思うのでは?

ていうか肉眼3Dが実現する今、ソリッドビジョンできるんじゃね?と思う人は多いのでは?

エイプリルフールの海馬コーポレーションの企画内容…デュエルディスクの開発…は大きなお友達の夢でしょう。技術的にはほぼほぼ実現可能だと思いますよね、問題は費用とか市場競争力…というわけでソリッドビジョン実現についてまじめに考えてみる

初めに言っておくと、筆者は文系です。数学は受験勉強はしましたが、かなり苦手です。物理はバネしか知らん。ちなみに経済もよくわかってない。もうお察しでしょう、これで真面目な考察など不可能なことを。しかも単行本は手元に数冊しかない。初代オタを名乗るには気が引けますね。小学生の自由研究を読むノリで読んで下さい。

①ソリッドビジョンとは何なのか

社長が闇のゲームに着想を得て開発した立体映像システム。

原作:デュエルディスク内部にV2エミュレーターを搭載し、カードの画像データをハイパー3Dエンジンによって立体幻像化する。(wikiより)エミュレーターは=ソフトウェア的な意味でいいんですかね?要はデュエルディスクのみで完結すると。

しかしこれは最終進化系っぽく、最初の方はドームとか箱の中でやってます。
アニメ:サテライトシステムを経由してKCの中枢コンピューターでデータを高速処理し、再びモンスターデータを転送し、いかなる場所でもモンスターを立体させる。(wiki)より  原作よりは実現できそうなシステム…?

神のカードとか闇のゲームになると最早ソリッドビジョンなのか何なのか分からなくなりますが、体感システムも搭載されてるようです。あれは単なるリアクション芸だけではない。触れる3Dとかも昨今開発されてきていますが、とりあえず今回は視覚的要素に絞って検討します。

② 現在の3D技術

現在の3D技術はいかほどか?先日ARスタンプラリーをしてきましたが、スマホ越しとかショボそう…と思って行ったら割りと楽しかった。オベリスクは時間の都合上見れませんでしたが、青眼は割りと感動しました。アレが肉眼で見れたら最高ですね…

ネットでもたまに言われるように、費用を度外視すれば不可能ではないように思われます。実際のところどうなんでしょうか。

 

・ホログラム

初音ミクのライブとかできるんだから、あれをBMGにしたらもう召喚できるじゃん、という。

ホログラムとはまず何なのかというと、立体映像を写真のように記録する技術…なのか?光の方向といった三次元的情報も記録できるのがポイントのようなそうでないような 

立体映像の情報を光によって暗号化し、それを光によって解読することで投影する…的な 何言ってんだこいつですね ググッて下さい 理科 できない

 マイケル・ジャクソンとかミクのライブはどういう仕組みなのか?日本に世界初のホログラム劇場までできてたみたいなんですが、ステージの角度に種がありそうです。

仕組み含め詳しくはこちらのページなどを↓

世界初の3DCGホログラフィックエンタテイメント常設劇場「DMM VR Theater」|シアターVR有限責任事業組合のプレスリリース

ん?てことはビルをとりまくオシリスとかは無理じゃね?

ところがどっこい、最近は霧に映す技術も開発されてきているようです

swordsmith: 霧をつかったホログラムシステム。もうすぐレイア姫と会えるかも![動画]

Could touch display projected on mist replace physical screens? - CNN.com

displairとかも同じ仕組みかな?でも一台百万越えらしい。そして水蒸気に映してるのでぶれ気味。リアル感に欠けそう。単に見える角度とか気にせず水蒸気に映すだけならDIYでもできるみたいです。カードが湿りそうだがな。

 

しかし単に一体のモンスターを映すだけでなく、デュエルするとなると、シアターのような設備の整ったところで行う必要があるでしょう。

イメージこんな感じ?

【3Dホログラム】NINCHRO FIGHT with HUMAN BEATBOX - YouTube

攻撃・防御も動きに合わせて出来そう。

必要なもの:ホログラム・モンスターを動かすタイミング合わせ・エフェクトあたりはホログラムで出来そう

フィールド魔法は背景に映すかARにするしかないですかね

では具体的にいくらかかるのか?

・費用:参考:ミクのライブ:2000万

高い!人間一人映すだけでこの値段!映像の制作費用自体は入ってるんでしょうか。そもそもステージ上のデュエルしている二人からは上手く映像が見えない…?

マイケルジャクソンのホログラムに至っては四分間で数百万ドルらしいです。

実現可能性としては、ARの方が高いんですよね。ゼアルはARだし。そもそも原作のソリッドビジョンの変遷もあるし…真剣に調べると終わらない気がしてきた。またそのうちかきたし。 

 

 

田舎に移住する前に!あなたの性格は「田舎向き」ですか?

author:新宿区新宿

    こんにちは。今回は、都会から田舎への移住を決める前にチェックして欲しいポイントの話の後編です。
    移住で何よりも大切なのは性格面。大企業の全国転勤なら「出世のため、仕事のため」と踏ん切りもつくかもしれませんが、田舎への憧れの気持ち一つで移住して万一失敗に終われば、責任はすべて自分にふりかかるのであり「転勤なのだから仕方ない」などと気持ちを切り替えることもできないでしょう。
    気性がその地に合うかどうか、以下のチェックポイントを参考にしていただきたいです。

    あなたとご家族の性格は「田舎向き」ですか?
    ①誰に何を言われても、嫌がらせされても平気だ。
    ➁自分の全く知らない人(知人の知人の知人、とかそのレベルの人)が、自分の持っている車 の種類や、家の住所や職場等を知っていてもウザいとも変だなあとも感じない。
    ➂学校や地域の行事、近所付き合いが大好きで、いつも積極的に参加し、盛り上げている。
    ④人に言われたことには必ず素直に応じられる。さらに、人と協力することが得意で、何事も要領よくこなせる。
    ➄学校や職場など、新しい環境では、すぐにそこのルールに適応でき、前の場所でのルールを捨てられる。
    ⑥近所の人が、自分の通学・出勤時間や休日の動向を逐一チェックしていてもいい。また、これらについて詮索されても平気だ。
   ⑦噂話や悪口を聞くのも、時には言うのも平気だし、言われることにも耐えられる。

    ご家族の全員が、上記の項目全てにイエスと言えないと田舎への移住はなかなか厳しいです。対人トラブルに負けて都会に戻ることになるでしょう。
   以下、項目一つずつについての解説をば。

①別に田舎とか都会に限ったことではないですが、常識が通じない人っていますよね。後述➄にも書いていますが、いつもいつも警察など国家権力が頼りになるわけではないです。
    田舎では、「エイブル」や「東建」といった会社を仲介せずに大家さんから直接家を借りたり、 持ち主から直接家を買ったりすることも(都会よりは)比較的多いです。その際に「契約書なんてわざわざいらないよね?ワードとかよくわかんないし」みたいに文書を作らず契約を済ませようとする人も多いですが、正式な文書がないと万が一トラブルが起きた際に行政も対処のしようがないので注意。田舎はインターネット等の普及率も低く、パソコンなんてロクに見たことないわ、って人も(お年寄りを中心に)想像以上に多いです。都会(ってか若者)の常識が通用しないこともあります。そういった常識通じない系のトラブルの結果、嫌がらせなどの実害を受けることもあります。

➁田舎では娯楽が少ないせいか、ご近所の会話が多く、一瞬でいろんな情報が近所のネットワークに拡散されます。で、スーパーやコンビニで会った知人とかとも延々と立ち話をするほど娯楽が無いので、本当に「なんであんたがそんなこと知ってるんだ」みたいな事案が発生します。その後、一度拡散された情報は二度と戻ってこないということは、インターネット世代の方のほうがよくご存知でしょう。

➂ご近所、学校での対人関係が密接なので、本当にたくさんのイベントがあります。「イベント大好き!」という方はいいですが、学校行事とかそんな好きじゃなかった…みたいな方はしんどいかもしれません。たくさんイベントがある割に、あまり断れる雰囲気ではないですしね。「あいつノリ悪いな、非協力的だな」みたいな。

④先述➂と同じですが、近隣住民や学校の保護者会などで他の人と協力して物事を進める機会がほんとにたくさんあります。私は行事とか嫌いなタイプではなかったですが、人間なので、いつもいつもやる気いっぱい!ってわけにはいかない。でも自分の学校での立ち位置を保つためには断れない。しんどいですね。これについては親の方が大変そうにしていましたが。

  ➄また、田舎には独自のしきたりがあり、考えが凝り固まった人はそれらは時に法律より優越すると信じています。警察はあまり頼りになりません(交番勤務レベルだと地元出身者が多いので、その警察官自身が「田舎ルール」に囚われてしまっている可能性があります)。
 独自のしきたりの例;よそ者には土地を貸さない、売らない。町内会費を払わない人はゴミ捨て禁止。青年は消防団強制参加 など。

  ⑥田舎は監視社会です。例えば、来客の後お見送りをしていたら、近所の人が家から出てきて「お友達?どこで知り合って友達になったの?」と自分との関係を根掘り葉掘り聞いてくることも。ポジティブな言い方をすればおせっかい。ネガティブに言えば過干渉。プライバシーとかデリカシーって言葉は田舎では通用しにくい言葉です。根負けして教えたくないことを言わされる可能性があることは心に留めておくべき。

 ⑦田舎は噂の伝達速度が異様に早いです。しかも噂話だから尾ひれのついた話が広まってしまう。はじめの方に書いたとおりでございます。

   
    これまでの常識をかなぐり捨て、新しいルールのもとやっていけるぜ!という自信がないと、田舎移住はしんどいですね。

    生まれてこのかたずっと田舎にいる人は、あらゆることに慣れっこですし、様々なことの加減を体得していて、問題に直面した時の身の振り方や心の保ち方を習得しているので、やっていけているというのが本当のところでしょう。また、ずーっと地元にいると顔が広く「まぁ、あの子は◯◯な性格だから仕方ない」と諦めて放っておいてくれることもありますし。顔が広いのは逆に面倒ごと多くなることもありますが。

    二回にわたって安易な田舎への移住に警鐘を鳴らす記事を書きました。結局まとめるとすれば、
「もし移住して、うまくいかなくて帰ることにしても、それが人生!人生って失敗がつきものじゃん!と思えるくらいのバイタリティがある人なら移住を決意してもいいんじゃないか」
というのが私の結論です。田舎への移住だけでなく、何にでも言えることですが、失敗してもいいじゃん!っていう強い意志があるとよろしいかと。私はお豆腐メンタルなので地元民でしたが高校卒業まですごく苦しかったです。
    都会に出て全く悩みのない生活を送れるようになった、というわけではありませんが、それでもやっぱり他人との適度な距離感がとれ、娯楽がたくさんあって便利な都会からはもう離れられません。

   ウジウジ書いてもしょうがないので今回はこれくらいでおひらきにします、ではまた!     新宿区新宿でした。お出かけ記録のインスタ見てね!(@concrete1mixer)

都会からの「田舎移住ブーム」に告ぐ

author:新宿区新宿
 
 私は田舎出身です。私の出身地は、県庁所在地でありながら人口は20万人くらいしかいない市です。
公共交通機関はあまり発達しておらず(利用者が少なく採算が取れないので)、スーパーマーケットに行くことすら、自家用車を持っていないとままなりませんでした。私の実家から徒歩3分のところに、5年ほど前コンビニが出来ましたが、それまで徒歩10分から15分圏内にコンビニは一軒もありませんでした。これでも、県庁から徒歩15分くらいのところに住んでいたんですよ。
駅前商店街はもちろんシャッター街でした。平日も活気がなく、郊外のスーパーマーケットに客を奪われていました。
 
 そんな地元にもいいところがありました。海の幸も山の幸も美味しくて、安い値段で手に入りましたし、高層ビルが皆無で空が広かったです。星もたくさん見えました。出身高校の近くには山があり、みんなでピクニックがてら登ったのもいい思い出です。
 
 要するに、とっても不便で自然がいっぱいな街に、大学進学を機に上京するまで住んでいた私ですが、近年の「田舎移住ブーム」にはたくさんの疑問があります。
田舎に憧れを抱く都市出身者の方々、田舎は「都会に疲れた」といった生ぬるい気持ちで移住できるところではありません。
特に、政令指定都市レベルの大都市にしか住んだことがない、という方はイメージ以上のギャップに相当苦労してしまうと思います。
 
 私はど田舎から東京に来ました。1ミリも後悔していません。今、毎日幸せです。出身県に戻ることは二度とないです。東京で就職すると、小学校高学年の時から決めていました。親にも東京に来てもらい、老後の面倒を見たいくらいです。(東京都も、23区以外は案外こじんまりしてますしね)
 
 では、私が田舎移住についての雑誌やテレビ特集を見る上で考えていることをまとめていきます。
田舎暮らしを考えるなら、以下のことをポイントにしていただきたいです。
 
1:交通機関などインフラの弱さに耐えられるか
     どれくらいのレベルの田舎に移住するかにもよりますが。。。
     私の出身県(ぼやかしててごめんなさい)を例にすると
  • 県庁所在地の駅でも普通列車が30分に一本くらいしかこない。ちなみに県内に路線は2本しかない。終電は22時台。夜遅くまで飲みに出るなんてできませんよ。田舎でも飲酒運転は犯罪。
  • でもバスが強いわけじゃない。バスも多くて20分に一本。時間にもよりますが、県庁所在地の市内以外は一時間に一本とか。
  • というわけで、自家用車を持っていないと話にならない。駐車場は安いけど。月に5000円とかだし。でも、例えば夫婦で移住する際に「夫は免許持ってる、嫁は持ってない」みたいな状況は意味ないです。どんなライフスタイルになるか、免許を持っている方の人にどんな災難が降りかかるか、なんてわからないですし、免許を取れる年齢なら絶対に免許取得すべきです。住むところによっては車無しではコンビニも行けません…。救急車もすぐ駆けつけませんし。(数が少ない上、山を越えなければ病院につかない…とかあり得ます。)車は、一家に一台ではなく一人一台持っておいた方が便利でした。維持費とガソリン代がやばい。
  • 上下水道完備ではない地域も日本にはまだ普通にあります。移住する前によく調べてください。
 
2:お店や病院などなど…が遠くても平気ですか?また、その質を気にしませんか?
  • 田舎では、徒歩やチャリ圏内にスーパーマーケットや病院があるのは相当ラッキーです。ないと思っておいた方がいい。田舎暮らしは意外と、面倒くさがりの人には向いてないかもです。
  • 持病を既にお持ちの方なども、田舎暮らしは向いていないです。空気がいいし症状が抑えられるかも、って考える人がいるのもわかります。しかし実際には、医者が少ないわ病院が遠いわで医療のレベルが低いです。病気の種類やその進行度によっては、何十キロも離れた街の、あるいは県外の病院にお世話にならないといけないと思います。私の祖父も同様の経験があり、入院時の準備やお見舞いも大変でした。また、家にいたら体調が急変!みたいな時も心配ですね。。
  • スーパーマーケットなど、日常の買い物の話に戻りますが、交通の発達していない田舎では物価がめちゃくちゃです。特産物だったり、隣県で生産されているものなどはもちろん安いですが、自県や近隣の県で賄えないものは輸送の手間がとってもかかっているので高いです。お店が少ないので価格競争が起こりにくいという分析をしてらっしゃる方もいます、一理あるかも。
  •  また、◯月1日発売の本が◯月4日に初めて店頭に並ぶ、とかも普通です。ネットでネタバレ踏みたくないな、みたいなタイプの人は相当辛抱して生活しています。映画も車で二時間かけて映画館に行かないと見たいものが見れない…とかあります。当然、コンサートや舞台といったイベントは超少ない。とにかく、娯楽がないです。趣味人には向いてないです。かといってテレビも選局の選択肢が少なく、スカパー!などを契約しないとテレビを娯楽としてあてにするのは厳しい。ドラマやバラエティを見るのが好き、あるいはアニメをよくみる、みたいな人は特に苦しいかも。そういった意味では、田舎ではウェイ系もオタクもみな一様に虐げられています。
 
3:貯蓄は十分ですか?
  •  雇用がないです。地元の人でも苦労しているのですから、「よそ者」は働き口がまずみつかりません。農業や林業ほど難しいものもないし、起業しても潜在的な顧客の数が少ないからなかなかうまくいかないし…。もっとも、「村の有力者」みたいな人の子供や孫はコネ採用してもらってたりします。コネ採用のあとで、余った枠が普通の人に解放されるのです。大っぴらにはできませんが、一部の公務員もコネ採用多かった(これは私の出身地域の話ですが)。あと、普通のデスクワーク、会社員 みたいな雇用はわずかです。会社員の知人はみんな全国転勤の大企業所属の人が多かったです。
  •  逆に、「作家だからPCとネット環境と郵便局があれば大丈夫」「介護士の資格を持っており、今後も介護業界に身を置く覚悟は出来ている」みたいな人なら大丈夫。介護はこちらでも重要です。都会より若者が少なくて老人は多いですし。
  • 同じ資格でも、弁護士とか公認会計士とかそういう資格はあまり必要とされていません。足りてます。そもそもそういう人にお世話になる案件がそんな多くないし。。。医者と看護師と薬剤師は地域差が大きいので言及できないです。
  • 車が不可欠なのでその維持費とか車検代とかガソリン代とかお金かかる。
  • 過疎地域の多くは、豪雪地帯であったり、逆に一年中暑すぎたり、天候に恵まれていません。(それが過疎の理由の一つですので。)暖房or冷房代などが想像以上に必要。
  • 「最悪半年くらい無職でも平気!」「いまはホワイトカラーの正社員だけど、移住先ではしばらくコンビニバイトになっても大丈夫!」くらいの気持ちと貯金が必要かと。
  
 
4:家族構成と家族のキャリアビジョンは田舎暮らしに向いていますか?
    *田舎移住に向いている家族構成の人 
  • 単身で、40代前半くらいまでの若い人。かつ、機会に恵まれないなら結婚できなくていいという覚悟がある人。→田舎では若い労働力が足りないので、若者は比較的歓迎されやすいです。でも、若い人が少ないということは出会いの機会も少ないということでもありますので、結婚願望の強い人に田舎移住はそんなにオススメできないです…。お見合いはムリ、恋愛結婚じゃなきゃ、って方にはさらにオススメできない。
 
  • 子どもを産み育てる予定のない若めのご夫婦  →若い方がいい理由は上の通り。では、なぜ子連れはやめた方がいいのか?という話ですね。       
 理由①田舎は子どもが少なすぎて、大人社会以上に田舎の子どもコミュニティは閉鎖的。遊ぶメンツもいつも同じです。子どもは特に正直ですし「訛ってなくてスカしてる、キモい」みたいなことも言われかねません。父や母の会社の全国転勤なら子どもさん自身も仕方ないと気持ちの折り合いがつくかもしれません。でも父母がただ田舎に住みたかっただけ、なんて巻き込まれている子どもからしてみれば知ったことじゃない。
 
②勉強やスポーツ、習い事の上達に向いている環境ではないということ。お子さんの大学・短大進学を望んでいるご家庭はまず田舎には来るべきではないです。塾も選択肢がなければ学校教師のレベルも低いですし、もちろん子どもの学力自体低い田舎が多いです。それらの全てにおいて、(人)数が少なくて競争が起こりにくいからです。スポーツについても同様で、人数・チーム数が少ないので切磋琢磨できる環境ではないです。大会に出られる人数ちゃんとチームメイトがいるかどうかすら微妙。競い高め合える友人も少なく、環境も整っていないので上手くなりにくい、ってことですね。勉強もスポーツやその他の習い事も、どうせ頑張るなら上を目指せる環境がいいのではないでしょうか。あと、田舎なら子どもが外遊びたくさんできる、というイメージがあるかもしれませんが、田舎だってDSやWiiが売っていないわけじゃないし、あまり都会と変わらないかと。
 
③上に似ているのですが、田舎は学校の選択肢が少ないです。都会では、いわゆる「ヤンキー」がいるのは「底辺校」とみんなにバカにされているようなところろが主でしょう。でも、田舎は学校の数が少ないので、一つの学校の中の子どもたちの学力や素行の幅がとても広いです。私は県内で一番偏差値の高い高校にいましたが、それでも 未成年飲酒・喫煙している同級生、禁止されているのに遊ぶお金の為に居酒屋バイトしている同級生…とかいました。学年の大半が大学に進学するような高校でしたが、そんな感じでした。都会は学校がたくさんあるから、子どもの学力や興味関心、素行に合わせて学校が選べるともいえます。上の文章を読んで、うーん。。。って思う方は子どもを田舎で産み育てるのは厳しい。
 
*田舎移住に向いていない家族構成の方
  • 定年後のご夫婦、というかご老人→絶対田舎に来るべきじゃないです。体がどんどん老いていくのに、慣れない地で車を安全に運転できますか?バスや列車は頼りになりません。用事もろくに済ませられないかも。あとは単純に、老いた人は田舎に多すぎて、「老人が増えても意味ねえよ」って歓迎されないってことですかね…。おじいちゃんおばあちゃんになってからつらい思いをして欲しくないです。
  • めっちゃ恋愛結婚願望のある若い人→理由は上の方に書いた通り。
  • 子連れのご夫婦→これも上に書きました。というか、大人の勝手な夢物語に子どもを巻き込むなんて…というのが正直なところです、子どももれっきとした家族の一員。何か決める前によく話し合いをすべき。それで、子どもさん自身が「移住は平気、万が一馴染めなくても強く生きる!」と覚悟できればいいのでしょうが、子どもにそんなこと考えさせる親って…。
 
 
以上が、田舎移住前の主なチェックポイントです。
脅しみたいになってしまいましたが、ほんとに、どんな不便なことがあってもそれを楽しむくらいのガッツがないと、都会から田舎に移住して、精神を普通に保つのは難しいと思います。
 
しかしながら、不便なことに耐えられても、最終的に必要なのは
「その町に自分たち家族の性格、雰囲気が合うか」ということだと思います。
ということで、次回は移住前に考えて欲しい性格面のチェック項目についてです!
 
ではまた。
新宿区新宿でした。

【東横線】ぶらり全部下車の旅 後編

author:新宿区新宿

 毎度おなじみ流浪の旅人、新宿区新宿です。今回は「ぶらり全部下車の旅」の後編をお届けします。ミーハー路線・東急東横線の旅をお楽しみください。(前編は何件か前の記事)

 

前回までのながれ;渋谷から東急東横線に乗車。急行にのらずに代官山から一駅ずつ降りて街を探索します。

祐天寺駅

  商店街がたくさん。駅前、改札出てすぐのところに見えるのは東急ストア。俄然住みたさが増す。結局、食料品がいかに簡単に手に入れられるが1人暮らしの質を左右するのである。やはり、駅のそばから住宅街になっていた。こんなに(良い意味で)庶民臭さのある雰囲気で、東急東横線沿線、渋谷から数えて4駅目なんて最高か?f:id:collegegirlspots:20160422144103j:image

 

学芸大学駅

 今では、学芸大学そのものは小金井の方に移動していますが、ここは今でも「学芸大学駅」のまま。附属高校は今も最寄りここですよ。学生がたくさん利用していたのであろう商店街、居酒屋、ご飯やさんなどが立ち並んでいました。今は地元の方々で賑わっているようでした。特に、高架下のお店群(GAKUDAI KOUKASHITAって名前の商業施設だそうです)がオシャレで充実しているようでした。高架下って、なぜかノスタルジックに感じられます。エモいというか。まあ勝手なイメージなんですけど。f:id:collegegirlspots:20160422144126j:image

 

都立大学駅

  都立大学も現在はこちらが最寄り駅ではありません。(というか今は、首都大学東京という名前の別の大学という言いかたが正しいのでしょうか?)そういうの多いですね。長年慣れた名前を今更変えることもないのでしょう。そんな駅前は、やはり地元住民の方に愛されているという感じでした。そして、この駅から少し歩くと目黒区八雲という地域になるのですが、オシャレすぎませんか?目黒区八雲って地名。私が田舎者だからそう感じるのでしょうか。f:id:collegegirlspots:20160422144137j:image

 

自由が丘駅

  でた!自由が丘!セレブリティ!プライド高そう(偏見)!地価高そう!正面口から出ても南口から出てもオシャレ!駅前から散策すると可愛らしいお店がたくさんです。カフェとか雑貨屋さん、洋服屋さんなどなど。とにかく歩いて、自分の気に入った雰囲気の店を見つけるのが良いかと思います。駅前商業地はもっとこじんまりしているものと勝手に思っていましたが、結構遠くまで歩いてもまだまだお店がありますよ!自由が丘だとチェーン店もオシャレに見えるマジック。あとオシャレな街あるあるだと勝手に考えているのですが、イタリア語とフランス語めっちゃ多いですよね。お店の名前とか。

 

田園調布駅

 高級車が多いのは変わりませんが、代官山や自由が丘と異なり、アウディBMWよりもメルセデス・ベンツをよく見かける街でした。住んでいる方の年齢層なども関わっているのでしょうか。駅前のスタバには人がぎっしり、世の中の皆さんのマウンティング意識が感じられました。偏見ですけど。東京都心に近いにも関わらず、道幅が広くて混み込みしておらず、意外とKFCなんかもあって、本当に住みやすそうな街でした。羨ましいですね。駅の隣には、旧駅舎の一部も残されており、高級住宅街の歴史も感じられますよ。私は古い建物大好きなのでうれしかった…!(まさかの写真なし、記事を書く気があったのか?自分に心底がっかりしております。ぜひ、みなさん直接足を運んでいただければと考えております。)

 

 

はい!ろくな写真が無いのが一番の反省ですが…。東急東横線田園調布駅の後も横浜駅まで続いていますが、我々はここまででおうちに帰りました。なぜなら、同行者が慶応大生でして、「日吉なんかもう行かねえよ!」と言われてしまったからです。つらい。

東急東横線は、地下鉄日比谷線の乗り入れなどもありとても便利です。沿線に住みたいです。はあ。お金ほしい。ほんとは代官山に住みたい。

夢は大きく。新宿区新宿でした。(Instagram;@concrete1mixer)

ゲーム実況って何が面白いの?

 突然ですが、皆さんは「ゲーム実況者」と呼ばれる人々のことをご存知でしょうか。

ゲーム実況者とは、字の通りゲームを実況する人のことです。(具体的に言うと、ゲームをプレイしてその様子を編集し面白可笑しい動画にしたり、生放送で配信したりする人のことです。)

 

 

 

 

そのゲーム実況者の人気がとんでもないことになっているんです。

twitterのフォロワー数がが50万人以上にもなる実況者も存在し、幕張メッセで行われた

ニコニコ超会議ではさまざまなブースがある中、ゲーム実況者ブースは若い女性で大盛況だったそうです。

 

 

芸能人のように人気のあるゲーム実況者ですが、事務所に所属して仕事として活動をし

ている人は多くありません。(いるにはいます。)

多くの実況者は学校や会社に行きながら、趣味として実況活動を行っています。

つまり、ゲーム実況はただの一般人の趣味と表現することもできるでしょう。

 

 

では、なぜそのただの「一般人の趣味」がこれほど人気を集めるのでしょうか???

 

 

前書きが長くなりましたが、その理由を私なりに分析してみました。

 

理由①

なんといっても動画が面白い

 

やはり動画が面白くなければ人気は出ません。他の人がゲームしているのを見て何が面白いの?と思うかもしれませんが、それぞれ違った動画ならではの面白さがあります。一例を紹介します。

 

 

 

例⑴ 好きなゲームをわいわい言いながら本当に楽しそうにプレイしている動画。

 

 これは本当に見ているこちらも楽しくなるような動画です。死にそうになって奇声を

あげたり、複数人でふざけたり協力したりしている様子を見ているとまるで自分が放課

後に友達と騒ぎながらゲームをしているかのような気分になれます。(筆者は中高時代

一緒にゲームをしてくれる友達があまりいませんでした…)

 

 

 

例⑵ ゲームの解説や上手くなるコツを教えてくれる動画

 

ゲームが上手くなりたくて上手い人の動画を検索したことってありませんか??

勉強やスポーツと同じようにゲームも上手い人に解説してもらうことで上達することが

あります。解説だけでなく裏技や豆知識も教えてくれる動画もあるので自分もやってみ

よう!と思えてわくわくしますし、トークや編集に気を配っているので長くても見飽き

ない動画もたくさんありますよ。

 

 

 

例⑶ 企画が面白い動画

 

実況動画もテレビ番組と同じようにゲームや実況者を知らなくても興味を持ってもらえ

るような奇抜で面白い企画を立てているものがあります。例えば、きつすぎる「縛り」

を設定して苦労しながらも目標を達成したり、ゲーム本来の目的とは違う遊び方をした

りする動画などがその例です。こういったタイプの動画は今まで実況を見たことがない

人でも見やすい印象がありますね。

 

 

 

例⑷ コメントが面白い動画

 

「動画」と「テレビ番組」の違いは色々ありますが、やはり自分もコメントで参加でき

る点が大きいと思います。実況動画では実況者のボケにコメントで突っ込むことや、茶

番に付き合い動画を盛り上げることができます。コメントがあるから自分の動画は面白

い、と言う実況者もいるほどです。この皆で一緒に見て盛り上げる感覚があるからより

実況動画は面白く感じるのではないでしょうか。

 

 

 

次回「自分が思うゲーム実況が人気な理由②」を述べたいと思います。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

個別塾バイトでのブラックな思い出

author:新宿区新宿
こんにちは。新宿区新宿です。前回は個別指導の塾バイト全般に言えるであろうブラックさについて紹介しました。今回は、私がどうしても書き残しておきたい個人的なブラック塾バイト経験についてのお話です。

まず、個別指導塾は基本的に、進学塾のグループ学習にはついていくことが出来ない学力、または素行の子どもがメインターゲットです。いわゆる優等生はあまり見かけません。

私も様々な生徒を担当していました。しかし、私が担当していたある1人の子に関しては、「多動児」「だらけがち」「家庭に問題があり、少々グレそう」なんてくくりにはまとめられない、もっともっと深刻な問題を抱えていました。

その子は、いわゆる「学習障害」ではなかったかと今は考えています。
(私には、病院で学習障害によりカウンセリングを受けているいとこがいます。彼の様子は、そのいとこに重なる部分が多々ありましたのでこのように推測しています。)


その生徒をAくんとします。Aくんは小学生の頃から、苦手な算数の授業についていけるようにするために個別指導塾に通っていました。
私は、Aくんを小6から中1の途中まで担当していました。

Aくんは、塾での勉強の成果もあってか、小学校の授業はなんとかついていけているようでした。
また、Aくんは塾主催の全国模試を受けていました。彼の模試成績を見る限り、算数は他の教科よりマシでした。
みんな「算数は塾で補習を受けているから当然、このような成績になるだろう」と考えていましたが、実はそれが間違いでした。

彼は国語の成績がとても悪かったです。しかしながら、Aくん本人も、親御さんも、毎回算数の成績に一喜一憂し、低空飛行な国語をあまり気にしていませんでした。また、塾では算数しか受講しておらず、国語の追加受講を勧めても(お金も時間もかかるので当然)Aくんも親御さんも渋っていました。

さて、問題が表面化したのはAくんの中学入学がきっかけでした。
中学数学では、1年生の一番はじめは、正の数・負の数という概念を知った上での言葉遊びみたいな単元です。
例えば、「私は5キロやせた」は数学の世界では「私は−5キロ太った」とも言えます。
逆の意味の言葉を使ったもので、一度仕組みを理解すれば単純です(逆にすればいいだけですから)
さて、国語ができないAくん、ここからつまづきました。
ですがいつまでもこのパートばかり演習するわけにはいきません。どうにか正の数負の数を理解した(ことにした)ら、次はそれを利用した計算問題や文章題を解くパートに入ります。
ここからAくんはほぼほぼわからなくなってしまいました。
この単元を二ヶ月間くらい、学校で、塾で勉強しました。彼は、(彼にとっては)たくさんの問題を解きました。

しかしながら、その二ヶ月後の結果は散々でした。学年平均80点のテストで、Aくんは30点でした。二ヶ月その単元しかしなかったにもかかわらず、です。

計算問題はケアレスミスだらけ、、、不注意というか、彼は注意散漫なところがあるのです。
で、肝心の文章題は全くできていませんでした。
Aくんと一緒にテストの振り返りをすると、文章題は計算ミスというよりも、
問題の意味が全く分かっていませんでした。要するに、文章の意味・意図がわからなかったのです。「逆さま言葉」がうまく理解出来ていないだけでなく、長回しな文章や少々複雑な言い方の問題は、そもそも何を求めればいいのかわかっていないようでした。

Aくんの成績について、担当講師である私は室長やエリアマネージャーに怒られました。
「親御さんが、塾に通わせている意味がないと怒っている。どう責任を取るのか。君の指導報告書を見たが、宿題の量が少なすぎる。今回のことは君のミスでしかない。」
と言われました。私の上司であるにもかかわらず、自分には一つも責任がないという物言いにはびっくりしました。

私がAくんに(同学年の他の子たちに比べて)あまり宿題を出していないのには理由がありました。
まず「丸付けもしてきてね」と答えと問題を一緒に渡すと、間違いなく答えを写しただけのものを提出してきます。意味ない。
つぎに、Aくんの中学の宿題が多かったため、彼はそれで精一杯であろうという判断です。
さらに、学校で習ってその後塾でも復習しても、彼はあまり理解出来ていません。理解していないのに闇雲に問題を解いて全部間違えるのはアホらしすぎます。
そして、彼の集中力は5分と持ちません。何分も連続して問題を解くことは、彼の頭をパンクさせているようでした。

エリアマネージャーはもともと数学が専門らしく、そこから私とエリアマネージャーはサービス残業しまくって彼に指導するようになりました。エリアマネージャーは彼にそれまでの10倍は宿題を出しました。Aくんもなんとか我々の指導についていこうとしてくれました。しかしながら、案の定宿題が提出日までにすべて終わることはありませんでした。そして、単元の理解が深まることもありませんでした。

私は、エリアマネージャーのとりあえず居残りさせまくる、とりあえず宿題出しまくるという方針を疑問を感じるようになりました。日本語がわかっていない子に数学の文章題のプリントをひたすら解かせる(そしてほとんど一発では正解できない)のに何の意味があるのでしょう。そしてそもそもAくんは学校の宿題に加えて、塾での何十枚に及ぶプリントを処理するだけの学力も集中力もありませんでした。
また、私はAくんが文房具の使い方を間違えているのがいつも気になりました。シャープペンの芯の正しい補充の仕方もわからないまま、彼はシャープペンを使っていました。親御さんは教えないのか?本人は学校でお友達の様子を見て気づかないのか?学校の先生はなにしてるの?

室長もエリアマネージャーも、Aくんは数学というよりもむしろ、国語や日常生活におけるものの使い方、そして度を超えた注意散漫さなど、もっと根本的な大問題を抱えていることに気づいていたと思います。彼らも一応プロですから。でも、室長やエリアマネージャーなど正社員にとっては、生徒はただの金ヅルです。Aくんに必要なのは数学のプリントではなくカウンセリングを一度受けに行ってみることです。でも、金ヅルを繋ぎとめておくことが大切なので、社員はあえて親御さんにそれを伝えなかったのだと思います。今時は、どんなに伝え方に気をつけても「うちの子を障がい児扱いか!」などをキレられる可能性も十分ありますから、仕方ない部分もあるかなと思いますが。(最も、こういったことを伝えるのは塾の仕事ではなく、中学校の先生がすべきことだとは思うのですが)

ただ、学習障害の可能性があるとなると、ただのバイト講師である私の手に負える問題ではありません。
それにも関わらず、塾の社員は見て見ぬ振り。宿題と居残りをさせて現実逃避しているようでした。
しかもAくんの中学の担任教師に至っては、「通わせている塾が合っていないのでは?」
などと言ってのけたそうです。そもそも中学校が塾任せという劣悪な状況でした。教員免許を持っており、一通り学習障害などについての勉強をしてきたはずの教師ですが、めんどくさいことには首を突っ込みたくなかったのでしょうね。

私はもう無理、と感じて退職することにしました。
誰も救われない実情に我慢が出来なくなったのです。
Aくんという大問題を抱えながら、同時並行で多動児の子や非行に走りかけている中学生、高校受験を控えた生徒…という残り5、6人も担当することはできないと思ってのことです。Aくんには申し訳ないですが、Aくんのことばかり構っていたら、他の生徒さんも同じだけ費用を納めてもらっているのに、それに見合う十分な指導ができなくなってしまいます。(基本的に、個別指導塾の講師は1人で何人もの生徒を受け持ちます。)




Aくんの親御さんにもいろいろ思うところはありますが、今回はあくまでいかに塾バイトが割に合わないか、というお話ですのでそれについてはなにも書きません。

これを読んで、私がAくんをはじめとする多くの担当生徒を見放した、と思う方もいらっしゃるでしょうし、責任感ないなあと思う方もいらっしゃると思います。
しかしわたしは、日中は大学で講義を受け、自分自身の将来に向けて勉強をしています。わたしにはわたしの生活があります。まだ大学も卒業していないのに、バイトのせいで生活が狂ったり、心を病むことだけは嫌でした。(ちなみに、わたしの働いていた塾チェーンは、ネットで「留年生養成所」と呼ばれています…)
奨学金を借りてまでして大学に入ったので、バイトのせいで学業がおろそかになることは許せませんでした。親もそれは許しませんでした。本末転倒なので。
わたしがわたしの人生をちゃんと歩むためには致し方なかったと思っています。
Aくんがどうなったかは知りません。でも、不幸の連鎖を断ち切るにはわたしみたいな非情な人間も必要なのかもしれません。

塾だけでなく飲食など「ブラックバイト」で悩まされている大学生はたくさんいると思いますが、、、もう誰もつらい思いをしなくなる日が来ることを願うしかないですね。来ないでしょうが。これからバイトを選ぶ方にできる唯一の自衛策は、とにかく少しでも評判の悪い業種・企業などのバイトは面接も受けないようにすること。
そして、もしブラックバイトに引っかかってしまったら、自分と自分の家族や友人など、自らにとって本当に大切な人たちのことを一番に考え、時にそれ以外の事象に対しては非情でいることですね。残念ですが、それしかないかと。

塾バイトはブラック!を確認する記事です

author:新宿区新宿
   新学期ですね。大学にこの春入学された新1年生は、そろそろ履修も決まり、大学(や一人暮らし)にも慣れ始め、落ち着いたら次はバイトを探す方も多いのではないでしょうか。また、新1年生に限らず、在学生の中にも、バイトを春から探すつもりの方もいらっしゃるかもしれません。

世の中にはたくさんの求人広告があり、ほんとにたくさんの仕事が存在しています。でも、すべての求人が「まとも」なお仕事を紹介しているわけではありません。いわゆる「ブラックバイト」がいっぱいあります。

私の人生初バイトは個別塾の講師でした。塾講師といえばブラックバイトの代表格ですが、私の勤めていたところももちろんブラックでした。
以下、私と、ある友人の個別指導塾バイトにおけるひどい経験を書き残します。皆さんの参考にしていただけると幸いです。

まず、報道で散々言われていることですが、
「コマ給」という仕組みを採用している個別指導塾がほとんどなので、授業準備の時間がどれだけかかっても給料が出ないに等しいです。1授業イコール1コマ。給料は時給ではなく1コマあたり◯◯円、という計算方式で渡されます。(一応授業補助というお金が1コマあたり何円かつくのですが、私の職場では1コマあたり120円くらいでした。準備だけで120円ってそんなに冷遇でもないんじゃない?って思うかもしれませんが、生徒の居残りだの残業があってもこの授業補助給が増えるわけではないので、超少ないです。)

で、すぐ上にも書きましたが、
生徒の居残りのために残業しても、それは「コマ」の外での出来事なので、給料はでません。要するにサービス残業です。「じゃあ居残りさせなければいい」と思うかもしれませんが、担当講師である自分は必要ないと感じていても、上司(先輩バイトや室長、エリアマネージャー的な人)が必要と判断すれば居残りしなければなりません。判断したのは担当講師ではないのに、居残りの指導をするのはだいたい担当講師です。他にも塾でのサービス労働にはいろいろあって、生徒の出迎え、宣伝ビラ配り、自習室のチューター…などがあります。塾によって様々ですが、私の働いていた塾では、業務給はこれらの仕事にはでませんでした。

このようなブラックな情報がたくさん報道され、ネット上にもたくさんあります。(この記事もまさにそうですが)それにより、新規のバイト希望者は集まりません。また、このような状況なので、すぐにバイトを辞めてしまう講師もいます。こうなると、勤続しているお人好しな講師にしわ寄せがきます。ブラックさのスパイラルですね。シフトを想定以上に増やされたりします。(ここまで読んでくださった方はわかると思いますが、塾講師はほんとに、「お人好しと言われることが多い」「人に頼まれると断れないタイプ」といった人には全く向いていません。破滅します。)
上記に関連して、講師の人数が生徒の数に対して足りていないことから、出られない日に勝手にシフトを入れられてしまったり、文系学部に在籍しているのに理系科目(しかも高校生の)の担当にされてしまったりします。固定シフト制(半年毎週シフトが入る週が同じ、といった仕組みのこと)のバイトなのにシフト以外の曜日も勝手に出勤可能扱いにされるのです。意味わからないですよね。


また、ブラックバイトは、勤務している間だけでなく、辞めるのも一苦労です。
特に個別塾は。生徒の1コマにつき1人ずつの担当講師という仕組みなので、バックれたらその子はどうなるのか?辞める前に他の担当を見つけてちゃんと引き継げよ!と言われたものです。
私は、後任担当を見つける作業の際、他のバイトの中からだけでなく、「新規のバイト希望者を見つけてこい」とさえ言われました。採用ってそんなに簡単なものなのでしょうか。採用は正社員の仕事のはずです、会社の根幹に関わる事項のはずですから。
後任がなかなか見つからない場合、例えば「6月末に退社」という話でまとまっていても、ズルズルと7月、ひどい時は夏期講習まで…と退社時期が伸びてしまいます。辞めたくてもやめられないのです。


以上が私と、ある友人の経験です。
我々の個人的な意見としては、塾講師のバイト(特にブラックが多い個別指導塾)は、将来教師になるつもりという方にしかお勧めできません。
教師以外の職業を望んでいる人には時間の無駄であるように感じます。教師希望の方にとっては、教育実習前から現場に出られる良い機会になりますが、仕事の大変さ(めんどくささ)の割には時給良くないので。残業代でませんし。

また、マナーが身につくなどと言われていますが、あまりそのようなメリットは感じませんでした。基本的に生徒に対してガチガチの敬語は使わないので、正しい敬語を身につけたい方は接客業のほうが(勉強になるという意味でも)マシだと思います…。


次回は私が塾講師バイトを辞めることになった原因のお話をします。どこかに書き残しておかねば、と考えていたので。
 

ではまた、新宿区新宿でした。